海外不動産投資にチャレンジ【気軽に取り組める】

マンション

入居者を惹きつける物件

マンション投資で最も重要な入居率は、マンション投資会社が提案する計画に大きく左右されます。新築物件ではなくなった時のメンテナンス、築10年経った際のリフォームやリノベーション。これらの計画を最初から提案するマンション投資会社を選ぶことで、安定した家賃収入を得ることが可能です。

Menu

スーツの人

個人向けの長期運用戦略

最寄駅からの徒歩時間や利回りのように、明確な基準を定めて物件を選ぶのが、安定性の高い不動産投資を行うための基本です。長期投資に最適な物件を手に入れるためには、価格交渉も積極的に行うべきであり、購入後は確定申告に向けた準備を計画的に進めることが重要です。

マンション

査定依頼時のポイント

投資マンションの運営がうまくいかなくなり、売却した方がよいことも多くあります。その際、一括査定サイトを利用するのはかえって面倒になることもあるので注意が必要です。地元の中小業者が抜けてしまうのもデメリットなので注意が必要です。

家

100万円からの投資法

サラリーマンでも気軽に不動産投資ができるのが「みんなで大家さん」です。出資型の投資なので1口100万円から申し込めます。評判がいいのは想定利回りが7.1パーセントと高いことです。銀行へ貯金するよりも確実に資産を増やすことができます。何口でも投資できますし、安全のために分散投資も可能です。

家とお金

大きな利益を得るために

海外不動産投資はハイリスクハイリターンの投資であると言われますが、現代社会において大きな成長の余地を残しているのは発展途上国であり、成長の見込みの大きい発展途上国の不動産に投資することにこそ、大きな利益を得る可能性が残されています。

日本人でも始めやすい魅力

家とお金

客付けや物件管理も安心

観光のついでに行えるのが、海外不動産投資の視察ツアーへの参加です。ハワイや東南アジアなど、各国やエリアで視察ツアーが開催されています。終日物件を見て回れるため、日本からでも安心して投資が可能です。また、様々なイベントが開催され、海外不動産投資に必要な知識が身に付くのも魅力的です。開催されるイベントで最も人気が高いのが、保険ガイダンスでしょう。海外ならではの保険を組み合わせることで、海外不動産投資の安定性を高められます。また、ガイダンスを主催する保険会社は、銀行口座の開設や法人設立のスペシャリストです。日本人であってもスムーズに銀行口座を開設できる上に、節税対策まで行えます。税理士や会計士によるガイダンスが開催されるツアーもあり、日本とは異なる税制をしっかりと把握できます。海外への観光やツアー参加が困難な場合でも、海外不動産投資は可能です。現地コーディネーターが日本で支援サイトを開設しており、相談から物件の提案、銀行口座開設までワンストップでサポートしてくれます。もちろん客付けや物件管理のサポートも提供されるため、日本にいながら安心の投資ができます。もう1つ注目したいのが、ファンドの活用。海外不動産に特化したファンドに出資することで、リスクを抑えながら資産を運用できます。海外REIT型投資信託もあるため、選択肢が多いのも特徴です。REIT型であれば1万円ほどから出資でき、初めて投資をされる方にも適しています。

Copyright© 2018 海外不動産投資にチャレンジ【気軽に取り組める】 All Rights Reserved.