海外不動産投資にチャレンジ【気軽に取り組める】

Menu

大きな利益を得るために

家とお金

発展途上国の可能性

海外不動産投資はハイリスクハイリターンな資産運用であると言われます。確かに、国内株や国内債券、あるいは外国株であっても先進国の株式や世界的有名企業の債券などであれば、不良債権化するリスクは低く、安全な安定資産であると評価できます。しかし、すでに成長しきった国の企業 の株式や債券である以上、これ以上の大きな伸びは見込むことができず、せっかく資産の一部を割いて投資に乗り出すにもかかわらず、小さな利益を得ることしかできません。これに対し海外不動産投資では、伸び代が大きく、投資対象の選択を誤らなければ資産価値を大きく伸ばすことができます。大きな利益を得る可能性があることが、海外不動産投資の最大の魅力です。確かに国内株で大きく利益を上げたという投資家も存在はしますが、国内株の価値は数十年前のバブル期の水準からほとんど変わっておらず、長期スパンで見ればさほどの成長率を見せていません。国内株と比べれば海外物件の方が成長し続けていると言えるでしょう。その中でも最も成長の余地を残しているのが発展途上国の不動産です。すでに先進国となった国にはこれ以上の発展の余地がほとんど残されていませんが、発展途上国には、現在の先進国の教訓を生かし、さらなる発展を遂げる可能性すらあります。また、現代の国際情勢では、経済活動は先進国も発展途上国も同等に同様の取引をしていますから、今は発展途上国であっても経済成長後は先進国と同等の水準へと到達することが見込まれます。海外不動産投資には、発展途上国の可能性と同じだけ成長の可能性が残されています。

Copyright© 2018 海外不動産投資にチャレンジ【気軽に取り組める】 All Rights Reserved.